IBワールドスクール 日本第1号(一条校)に認定されました!

学校法人渡辺学園 サニーサイドインターナショナルスクール
〒501-3101 岐阜県 岐阜市 岩井 4-10-25
Tel・058-241-1000 Fax・058-244-1006

 

 

時代が瞬く間に変化する現在、子どもたちが20年後の社会を堂々と生き、
世界中の人々の平和に貢献できる人材の育成を目指します。


礼儀ただしく、他人を思いやれる優しい子どもを育成します。

日本人としての育ちを大切にし、
その文化や伝統を幼児期から経験する中で、
真の国際人の育成に努めます。


健康的な身体、知的発達、穏やかな情緒、
それらをバランスよく兼ね備えた幼児の育成に努めます。

 

 

私たち職員は以上を基本理念として共有し、その実現のために、文部科学省の定める「幼稚園教育要領」に加え、国際バカロレア機構(IB機構)の提唱する指導方法を取り入れて教育実践をしていきます。

 

 

 

子ども達が大人になる頃、世界はどんな風に変わっているのでしょうか。グローバリゼーション、テクノロジーの進化、また少子高齢化にともなう社会構造の変化、20年後の日本がどのようになっているか、それはある意味誰にも予想のつかない世界かも知れません。

 

一方、世の中が急速に変わりつつある中、子ども達の受ける教育は、20年後を生きるために役立つものになっているでしょうか?私は、時代の流れと共に、教育も変わっていかなくてはいけないと考えています。

情報はもはや手元にある携帯電話で殆どを得ることが出来る時代です。これからは、知識を覚えるというよりも、どのような時代も生き抜くことの出来るスキル、例えば、課題を自ら解決できる、誰とでもコミュニケーションがとれる、仲間と協力して作業が出来る、自分の考えをプレゼンテーションできる、などをしっかり身に付ける為の教育が必要です。

更に、今後の教育は、「子どもひとりひとりの能力、個性をいかに伸ばすか」を真剣に考えなくてはいけません。親の望む、先生が望む優等生ではなく、ひとりひとりの持ち味を本当に伸ばしていく教育です。

 

私どもは今、国際バカロレアの教育手法を取り入れています。文部科学省においても、グローバル人材育成の為の有意義なカリキュラムフレームワークとして導入が進んでいますが、これはまさに、次世代を生きる子ども達の為の、子どもの個性を伸ばす教育です。

今まであったものを変えていくこと、変わっていくことには、勇気と決心が必要です。しかし、今それに立ち向かわなければ、日本の子ども達は世界から取り残されてしまうのではないでしょうか。

職員全員がそのような思いの中で、日々教育に取り組んでいます。

どうか多くの皆様にその様子をじかにご覧いただき、「20年後を生きる子ども達に必要な教育」について、共に考えていけたら嬉しく思います。

 

サニーサイドインターナショナルスクール

園長 渡辺寿之